八坂神社の縁起

「小倉のぎおんさん」と親しみを込めて呼称され、七月に斎行される例大祭(小倉ぎおんまつり)は「太鼓の祇園」としてその名を馳せています。

 関が原の合戦で徳川家康に従い、多大な勲功のあった細川越中守忠興公は慶長六年(1601年)に豊前一国と豊後二郡の合わせて三十九万九千石の大大名として入国されました。その細川公が元和二年の秋、勝山城(小倉城)の西方にある愛宕山にて鷹狩の時、山の頂上で一基の苔むした石の祠(ほこら)があるのに気づき、中を覗こうと開けようとして群れ出た蜂に刺されたのです。公は痛みに苦しみ、家臣達はあわてて城につれ帰り、御殿医師の手厚い看護を受けましたが失明同然となったのです。

 公は深く恐れいり、家臣に命じ祠の由緒(いわれ)を調べさせたところ、須佐之男命を祀ってあることがわかり、生国京都の祇園社と同じ御祭神なので改めて城下の土地(鋳物師町)に神殿を造営しました。南殿に愛宕山(不動山)の祇園社を遷宮し、篠崎八幡宮の宮司川江左衛門橘種茂を大宮司として奉職させ、通称「口の宮」と言いました。対し北殿は当時三本松に鎮祭されていた祇園社を併祗申し上げ、蒲生八幡の宮司高山孫太夫定直を大宮司として奉職させ。通称「奥の宮」と称しました。元和三年(1617年)二月起工し、同九月竣工、同月十一日に眼病平癒の「願解」の祭典を盛大に催しました。この時の祭典は主として「能」を奉祭したので秋祭り「神事能」として大正末期まで継続されました。

小倉祇園社の現在の正しい名称は八坂神社です。元和三年創設当時は小倉祇園社感応院と称し、寛永九年十二月(1632年)小笠原忠真公が藩主となってからもそのまま小倉城の守護神として尊崇され、あわせて領内の総鎮守として明治四年(1871年)廃藩置県の新制度施行まで続きました。

 また、有栖川宮熾仁親王が、初代福岡県令として赴任の途中、参拝され京都の八坂神社と御祭神が同じ須佐之男命であるところから「八坂神社」の神号を親しく書き与えられたと言うことです。御本社の幣殿と正門の大鳥居に掲げられている神額の文字は有栖川宮様の御親筆の写しを刻んだものです。

 昭和九年七月八日、鋳物師町より勝山城北の丸(二の丸)後に遷宮せられ今日に至っています。

 主祭神の須佐之男命様の他十二柱の神々の御神徳は、厄除け・疫病退散・商売繁盛・家内安全・産業隆昌・縁結び・縁切り・陸海空交通安全・芸能上達・五穀豊穣・医療医薬・温泉の神・禁厭・学問・酒造りと広範囲に渡ります。

神社と御祭神

[由緒]八坂神社のはじまり

祇園さま(スサノオノミコト)は九世紀頃には、既にここ、小倉の地に祀られておりました。元和三年(1617年)に丹後国(現在の京都府)から小倉の地に移ってきた細川忠興公が、改めて祇園社(のちの八坂神社)の社殿を 小倉・鋳物師町に創建しました。

細川忠興公が小倉に来た理由

慶長五年(1600年)の関が原の戦いで東軍に参加し、その戦功を評価され、徳川家康公より豊前小倉藩39万9000石を付与されたのです。

忠興公が祇園社(のちの八坂神社)を

建て直したきっかけ

ある日、城外に鷹狩りに出かけた忠興公は、小さな社を見つけ、祠の中にある御神体を覗き見ようとしました。杖でこじ開けようとしたところ、中から一羽の鷹が飛び出し、忠興公の目を蹴ったのです。失明同然になった忠興公は、神様に対して非礼を働いた神罰だと深く反省し、荘厳な社殿を建立したのでした。これによって忠興公の目も快癒したと伝えられています。以後、八坂神社は変わることなく小倉城下の人々の信仰を集めてきました。 明治になり、祇園社から八坂神社へと名前が変わり、昭和九年に現在の小倉城内にご遷座されています。

[御祭神]八坂神社に祀られている神様

八坂神社の御祭神はスサノオノミコトという神様です。素盞嗚尊、須佐之男命、須佐乃袁尊などいろいろな表記がありますが、読み方は同じです。

乱暴者の神様から庶民の英雄へ

◇ 天岩戸のお話

高天原(神様の住む世界)に住んでいたスサノオ様は、アマテラス様(太陽の神様)の田んぼを壊す、神殿を汚す、馬の皮を剥いで機織屋に投げ込み、天衣織女を死に至らしめるなど、数々の乱暴を繰り返しました。怒ったアマテラス様は、洞窟の中に籠もってしまい、太陽の神様を失った高天原は闇となり禍が蔓延したのです。その後、他の神様たちの機転で、アマテラス様は外にお出になられましたが、スサノオ様は人間の世界へ追放されてしまいました。

◇ ヤマタノオロチのお話

人間界へ降りたスサノオ様は、出雲の国で嘆き悲しむ老夫婦とその娘に出会いました。悲しむ訳を尋ねると、老夫婦には、もともと8人の娘がいましたが、大蛇が毎年襲ってきて、娘を食ってしまったと言うのです。話を聞いたスサノオ様は大蛇を退治し、その尾から出てきた刀をアマテラス様へ献上したのです。スサノオ様は助けた娘(クシナダヒメ)と結婚し出雲の須賀(すが)の地へ留まったそうです。

 

八坂神社

元和三年(1617年)細川忠興公により御創建され豊前総鎮守小倉祇園八坂神社と称えられる当社は、平成二十九年に御創建四百年をお迎えいたします。

北九州市小倉北区城内二の二

TEL : 093-561-0753

お問い合せは

こちらから

The Yasaka Shrine. Copyright © 2018 All rights reserved.