お知らせ

2020年 4月 巫女日記

最近はコロナの影響で外出の自粛をされている方が多く居られると思います。神社として皆様の「悪疫退散・病気平癒」を祈念して、四月二十一日に境内、参道にのぼりを掲げました。

コロナはみなさまにたくさんの支障を与えています。今は「我慢」ではなく「辛抱」すると考えるといいのではないでしょうか。

人間は「我慢」をすると我が強いのでやはり反発してしまいたくなる。ただ「辛抱」なら漢字の通り辛さを抱く。これならできるのではないかと、ある有名な方がおっしゃっていました。

アマビエ」という妖怪が古代より伝えられています。

―江戸時代後期の肥後国(現:熊本県)に現れたと言われています。この話は挿図付きで瓦版に取り上げられ、遠く江戸にまで伝えられていました。

1864年5月上旬頃毎夜、海中に光る物体が出没していたので役人が赴いたところ「それ」が姿を現した。「それ」は、役人に対して『私は海中に住むアマビエと申す者なり。当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ』と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされています。またほかの場所でも目撃されており、予言をされたそうです。

 

ツツジの花が満開を迎えております。

初めまして、巫女のことりとだいふくです。これから一ヶ月に一度程度「巫女日記」を更新致します。主に神社の出来事を写真と共にみなさまに発信できればと今回からはじめました。私達は四月に当社に参りました。まだまだ未熟ですが日々奉仕して参ります。好きな言葉は「話し合いに剣はいらぬ」(ことり)、「人生ってすばらしい」(だいふく)です。宜しくお願いします。

 

八坂神社

元和三年(1617年)細川忠興公により御創建され豊前総鎮守小倉祇園八坂神社と称えられる当社は、平成二十九年に御創建四百年を迎えました。

北九州市小倉北区城内二の二

TEL : 093-561-0753

お問い合せは

こちらから

The Yasaka Shrine. Copyright © 2018 All rights reserved.