納骨堂とは

納骨堂とは、遺骨を安置しておく屋内施設です。

「墓埋法」では、納骨堂について以下のように定義されています。

 

この法律で「納骨堂」とは、委託を受け焼骨を収蔵するために、納骨堂として都道府県知事の許可を受けた施設の事をいいます。

 

納骨堂自体は、コインロッカーのような形態が多く、抵抗を感じる人も多いようですが、最近ではそういった感覚も考慮した、立派なものも増えてきています。

仏教に限らず、神道、道教、キリスト教においても同様の施設が見られる。宗派によっては中央に本尊を安置する場合もあります。

 

八坂神社附属祖霊殿祇園精舎 納骨堂 外観近年では屋内霊園と呼ばれる、マンション形式で多数の納骨壇を設置する施設も増えており、東京都には日本最大級となる9階建ての大型のものもあり海外でも、土地の少ない香港や台湾には大型のものが建てられています。

 

利用方法は遺骨を墓を建てるまでの間、一時的に保管する場合と、墓地に埋葬せず永久的に保管しておく場合とがあり、祭壇つきの納骨壇をもつものは主に後者に用いられます。

資料請求・お問い合せは、お気軽にどうぞ。

専門スタッフがご対応致します。

受付時間 9:00~17:00(年中無休)

tel.0120-676-738

八坂神社

元和三年(1617年)細川忠興公により御創建され豊前総鎮守小倉祇園八坂神社と称えられる当社は、平成二十九年に御創建四百年をお迎えいたします。

北九州市小倉北区城内二の二

TEL : 0120-676-738

お問い合せは

こちらから

The Yasaka Shrine. Copyright © 2018 All rights reserved.