七五三祭
七五三詣り…平安時代より、行われていた行事です。
男女3歳で「髪置き」(それまで剃っていた頭に頂髪を置く儀式)
男児5歳で「袴着」(袴を着装する儀式)
女児7歳で「帯解」(つけ紐をとり、帯を結ぶ儀式)
7歳までは神様から預けられた子として、親は大切に育て、それぞれの儀礼日には日々の感謝の気持ちと、更なる健康を祈ります。 

十一月十五日に行われるのは、陰陽暦に年中最上の吉日とし、特に十一月は大嘗祭の行われる月であったことによるそうです。

当社の七五三の祈願は、十月一日から御守、千歳飴、風船のご準備しております(祈願は、年中受付けしております)
初穂料は5千円と御願いしております。(御祈願を受けるお子様が3人いらっしゃる場合は3人目のお子様は3千円)
予約制ではございませんので、朝8時半から夕方4時半の間でご都合のよろしい時間にお越し下さい。
また、境内に写真室がございます。そちらで写真を撮られる方は、衣装の貸し出し・着付けを無料で行っております。

詳細はいけなが写真館までTEL093-591-3100